睡眠中の歯軋り

result_909123_14331577_210527_8506779
睡眠に関わることとはちょっと話がズレてしまうかもしれませんが、私は睡眠中、歯軋りをする癖があるようです。中学生の頃から家族に指摘されてはいたのですが、当時はそこまで気にしていませんでした。しかし高校卒業前くらいに歯が痛くて歯医者に行ったら、虫歯はなく「歯ぎしりが原因ですね」と言われてしまいました。寝ている間は意識的に気を付けることができないしなと思ってできるだけ睡眠時間を削っていた時もありましたが、体が休まらずストレスが溜まる一方でした。その後高校を卒業した私は、新しい生活が始まり歯軋りのことを長い間忘れていました。再び歯軋りの悩みに直面したのは結婚後のことです。主人と暮らし始めてから「歯軋りがうるさい」「昨日も歯軋りしてた」と度々言われ、一緒に寝ていた布団から追い出された時もありました。気になって鏡でチェックすると確かに歯がすり減ってるんです。特に犬歯のすり減りが酷くて、このままでは近い将来歯がなくなってしまうかもしれないとほんとに不安でした。主人も私の毎日の歯軋りのせいで深い眠りにつけないようで、朝から機嫌が悪いことが多く、本当に申し訳なかったです。それからは安眠と歯のことを考え、歯医者でマウスピースを作ってもらいました。保険適用で5000円くらいの出費にはなりましたが、マウスピースをつけて寝るようになってから歯軋りのことを指摘されることはなく、私も主人も仲良く一緒の布団で寝ることができています。睡眠中に歯軋りしている人には、ぜひマウスピースすることをオススメしたいです。

コメントを残す