リオオリンピックの400mリレーで銀メタル確保。

rireiginmedaru

リオオリンピックの終盤での世界を驚かす、400mリレーの日本チームが、科学的な分析からの対策と戦略を組み立てた強化で、個々の記録を更に、上げた結果になった。この点は、日本らしいチームプレーを見事に出したことです。今回のリオオリンピックは、個人的な選手の成果で、取れましたメダルもありますが、団体への拘りやチームでの成果に重きを置き、その結果が、個人のメダル確保であれば、なお満足であると考える選手が、多く見られた点に、特徴がありました。素晴らしいことです。又、海外からは、個人より団体への結び合いが、強いし、精神的な絆に重きを置き、個々の努力と他の人への恥文化を無意識に避ける。独特な文化で、人との関係です。見方を変えると、先の戦争での行動や行為へ矛先が、向かうこともあります。表現や説明と報道等では、注意事項であります。次回は、東京オリンピックを開催国になりますので、日本のおもてなし文化を強調し、快適な施設で、競技を行い。更に、選手には、便利でな施設と快適な部屋と食事等で、食での文化も知る、体験をしてもらう機会を演出してもらいたい。しかし、全体の費用が、上昇を避け、知恵の出し合いで、開催出来るような運営や盛り上げが、重要であります。暑いリオでもそれほど選手たちは汗をかいてないように見えるのですが、サラフェで顔汗対策してたりするんでしょうかね。

コメントを残す