「ハッピー・フライト」…すべてのヒコーキ映画ファンに捧ぐ

2016y06m04d_232027163

「ハッピー・フライト」は特にこれといったストーリーがあるわけではなく、1機の航空機の運営に関わる様々なスタッフの仕事振りを描いた群像劇でノリはあくまでもライトなコメディ…
ただし、綿密な取材に基づいた脚本はリアルで、全日空の全面的撮影協力のもと、かなり本格志向のヒコーキ映画に仕上がってます。 BULK HOMME体験レビューをチェックしてみてください。
とにかく、1機のヒコーキを飛ばすためにこれだけのスタッフがプロフェッショナルな仕事をこなしてるんだという事を再認識させていただきました。
各スタッフのバックステージの様子も丹念に描かれていますよ。
もちろん、何のトラブルも起きない平穏なフライトが映画のネタになるはずもないので、クライマックスはちょっとドキドキの航空パニック路線のオマケ付き。
心身症の男が機内に爆弾を持ち込む訳でもなく、小型ジェット機と衝突する訳でもなく、もちろんバミューダ海域に墜落する訳でもないのですが、このトラブルの原因もなかなかリアルで、いかにも今風な造りなのです。
脚本・監督は「ひみつの花園」「ウォーター・ボーイズ」「スウィング・ガールズ」の矢口史靖で、自身もかなりのヒコーキ・ファンらしく、凝りに凝りまくった脚本と演出でした。
あとこの作品、群像劇という事で登場するキャストもかなり豪華なのです。
その中でも一番のオススメはグランドスタッフを演じた田畑智子かな。
忙しすぎて彼氏もできないとボヤキつつ、仕事はキッチリこなすプロフェッショナル振りに萌えました。

コメントを残す